ネイルオイルとは

業界用語を覚えて一流のネイリストを目指しましょう

home sitemap
代表電話番号 092-714-7718
NPO法人日本ネイリスト協会本部認定校(JNA)SS0195-1

ネイルオイルを説明します

ネイルオイルとは、爪の保湿オイルの事です。

爪の周りは乾燥しやすく、ほっておくと白濁したり、二枚爪などのトラブルが起こる危険があります。

特にネイルをした後には念入りに油分を補充し、乾燥を防ぐためにしっかりとオイルを使うとよいでしょう。 ネイルのもちもよくなり、丈夫で健康な爪を育てます。

普段の生活の中でも…

ネイルの時だけでなく、毎日の爪と指先のケアに是非ネイルオイルをお使いください。

実は一番年齢が出やすいのが手だといわれています。しかも、自分が思うより指先はみられています。

乾燥し寒い季節だと、カサカサ、しわしわになったりとする方も多いでしょう。

なぜかというと、爪先は、毎日、何度もモノを触ったり、手洗いをしたりと水分や油分がなくなりやすい環境にあります。こまめなケアで瑞々しい手先を守ってください。ネイルののりも、持ちもよくなります。

ではどんなネイルオイルがいいのか、種類も多く迷うところですが、ご自身の生活パターンに合わせて使い分けるといいでしょう。

例えば、ポリッシュ容器と同じ形のもの、ペンタイプのもの、ペンタイプだと外出時にも持ち運びが便利なネイルオイルもよいと思います。

ネイルオイルを使うことによって、ネイルのもちがよくなり健康で丈夫な爪を作り出せます。特に、ネイルをした爪やその周りは乾燥しやすく、放って置くと白くなってしまったり、二枚爪や薄爪になったり、さまざまなトラブルを起こしてしまいます。

ネイルオイルはネイルケアには必須のアイテムです。また、毎日のケアにもネイルオイルを使うのがおすすめです。

手は年齢を表すとも言われていることもあり、指先やネイルは自分が思っている以上によく見られています。特に、乾燥のしやすい冬の時期などはカサカサで元気のない指先になってしまう方が多いようです。

爪先は、手を洗った時や一日に何度もいろいろなものを触ったりすることもあり、手の中で1番水分や油分がなくなりやすい箇所でもあります。そのため、こまめなケアが必要となります。

ネイルオイルにも、さまざまな種類のものが販売されており、ポリッシュ容器と同じ形のものから、外出時などの持ち運びに便利な、ペンタイプのネイルオイルもあります。ペンタイプは手軽に塗り直すことができて便利です。

また、香り付きのオイルもあり、指先からほんのりいい香りして、人気です。

ネイル用語ページへ戻る

ネイルスクールの福岡ENSサイトトップへ戻る

詳細(キーワード)検索

ネイリスト養成A ネイリスト養成B JNAジェル JNEC技能検定 プロネイリスト 検定試験対策講座 ソネ研キューティクルニッパー

その他ネイル用語

アザーキュア アセトン アーティフィシャルネイル イエローライン ウェル エアーブラシ オーダーチップ キューティクル クラック コットンスティック サニタイザブル スカルプチュアー ステンドグラスネイル デザインチップ 転写シール ドットネイル トップコート バレンタインネイル ピンクネイル ブライダルネイル ネイルオイル ネイルシール ネイルストーン ネイルチップ ネイルアート ユニオンジャックネイル ネオンカラーネイル メタルプッシャー パステルネイル バイオジェル フレンチネイル ラインストーン リボンネイル レジン 2WAYバッファー

PAGE TOP